<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハロウィン

b0039239_901311.jpg

ここ数年で 日本の盛り場 繁華街で 市民権を得たハロウィン

一般的な家庭にまでは まだまだ浸透してないハロウィン

ハロウィンって何??状態のおっちゃん おばちゃんもいっぱい生息してる日本の現状


明日(11月1日)が西洋の「お盆」みたいな日で 霊が帰ってくる日その前の晩が悪霊が練り歩く日・・


**************

(参考)
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。
これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。
601年に法王1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策として、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさい。と広めなさい」と言ったのがいまのハロウィンになったきっかけでもある。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する


英語で諸聖人の日は「オール・ハロウズ(All Hallows)」、「ハロウマス(Hallowmas)」とも表記される。
アイルランドやケルトの習慣ではこの日の前の晩は「ハロウ・イブ(Hallow Eve)」と呼ばれ、キリスト教伝来以前から精霊たちを祭る夜であった。
19世紀に移民によってアメリカ合衆国に持ち込まれたこの習慣が「ハロウィン(Halloween)」である。(「ハロウィン」は「ハロウ・イブ」がなまったものである。)



*****************


に~ちゃんが インターナショナルスクールに通ってる頃 我家が「外人アパート」に居住してたころは に~ちゃんは 仮装して 学校の仲間とお菓子を貰いに出かけ
私は いっぱいお菓子を用意して やってくる小さなお化けたちを迎えた・・・・
あれは もう 昔の話・・・。
[PR]
by ra-cyan | 2008-10-31 09:08

10月になりました

今年の夏は・・・
いや・・・・ 今年の夏も暑かった・・・。

でも ここ数日急激に 秋化が進んで足が冷えるようになりました。
数日前からぶあつい靴下を履いております。

今日から10月・・・季節の行事としては 衣更えです。




に~ちゃんも海外出張から帰ってきたし・・・・
たぶん無事かえって来たと思います。
だって 何も連絡がないわけですから 便りのないのは 無事な証拠・・でしょう・・・・。

と~ちゃんも海外出張から無事帰国。

そうそう と~ちゃんは 古くからの友人(現地の有名大学の先生)と現地で会ったそうです。
今では その国の「富裕層といわれる5%」に入る人になってるそうです。
「あ~ぁ・・・・うらやましい・・・」と言ったのは か~ちゃんでした。


奥様は 日本人ですから 勇退したら夫婦で日本に住むらしいです。
現役時代 外国(その国)で頑張ってきてくれた妻(日本人)に対する優しさ・ねぎらいだそうです。

あ~ぁ・・・ほんとうにY先生って 優しいんだよなぁ・・・。

さりげない優しさを表現できる人・・・・Y先生。
照れちゃうのか 優しさを表現できない某と~ちゃん・・・・(笑)

そうそう 昔我家でパーティーをした時にY先生は 抱えきれないほど大きい花束を
持ってきて下さった人です。
か~ちゃんは あんな大きな花束を貰ったことがなかったし、将来的にも
もらえない・・・たぶん日本の常識では あの花束は 存在しない(笑)・・・・・。
思い出に残るような印象的なことをやれる人・・ですね。

久しぶり・・・・だとおもうので、と~ちゃんに聞いてみました。
「Yさん 年とってたぁ??」
  「うん 頭に白いものが多くなってた・・」
「ふ~ん・・じゃあ 白髪頭なんだぁ・・禿じゃないんだぁ・・」
  「うっ・・・頭頂部が薄くなってた・・」



なのちゃんとら~ちゃんのお誕生日が10月にはあります。
それから と~ちゃんとか~ちゃんの結婚記念日もあります。
イベントがけっこう多い10月です。
[PR]
by ra-cyan | 2008-10-01 12:39