カテゴリ:ゆ~ちゃん( 3 )

ゆ~ちゃん恐怖劇場

b0039239_1958316.jpg

あたし ゆ~ちゃん・・・・自慢じゃないけど ミルキーみたいでマシュマロみたいで
砂糖菓子でできている女の子・・・・ほんとうに 可愛い女の子なの・・・よ。


だけどさ、か~ちゃんのカメラの腕が「じょ~と~」過ぎで・・・・・
ねえ・・・・・・。



「あ~ン・・・・文句あっか????」
b0039239_19591931.jpg


なめとったら、祟るぞ~・・・・・
b0039239_200253.jpg


まっ 今日の所は この位にしといたろか・・・。
b0039239_200294.jpg

[PR]
by ra-cyan | 2005-08-26 20:06 | ゆ~ちゃん

名前

b0039239_1128291.jpg

この子は 2005年2月2日のゆ~ちゃん
[PR]
by ra-cyan | 2005-02-03 11:28 | ゆ~ちゃん

新しい笑顔

b0039239_12151237.jpg


運命的なものを感じる出会いでした。
ビビビ光線でか~ちゃん致命傷をおいました。
すぐに その子の実家に問合せたら「おうちに残す子」ってお返事。

「そうか・・・・・うちの子では 無かったか・・・」と、
思ったのに 次の日から どんどんうちの子になるように道が開けて
その様は「モーゼの十戒」の海が割れていくときも こんな感じかなと
思うぐらい どんどん我が家の子への道ができちゃった・・・・。
運命的なものを感じることも多くて 不思議で仕方ありません。

それで、自分のHPの日記 今朝気がついたのだけど
新しい命が来る決定した日から ずっと日記の日付が
11月・・・・になってる・・・。
11月は フォーチュンが逝った月・・・。
1と打ってるキーボードが11となってる・・・。
おおぼけ・・・・・ですが、不思議でしかたないものの一つです。

フォーチュンが逝ったあと、ずっと頭の中に 乳色のもやがかかってる
みたいで、なんだかなにもやる気はないし、すっきりしない日が続いて
いました。
それが、すーっと消えていったんです。


若い頃 ハイキングで山を歩いていて霧が出てきた時。
ひたすら、と~ちゃんの背中と、と~ちゃんの足を見ながら
こわごわ進んでいた山歩きを ふと思いだしました。
霧がスーッと消えていく・・・・そんな気分でした。

あの山歩きのとき 霧が晴れてみてみたら 自分の通ってきた
足元は 両側とも谷で、知らずに通ってきたことが怖かったのを
思い出しました。

山の霧は 風で切れたのかな??
私の頭の霧もまほらに吹いてくる新しい笑顔の風で晴れるよね・・・。

*今日の画像は ブリーダーさん撮影の画像です。
[PR]
by ra-cyan | 2005-01-27 12:16 | ゆ~ちゃん